スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
身長の高い芸能人
最近は身長の高い芸能人が多いですね。

・押切もえ(おしきりもえ)
169cm

・蛯原友里(えびはらゆり)
168cm

・山田優(やまだゆう)
169cm

・藤原紀香(ふじわらのりか)
171cm

・ほしのあき
165cm

・西山 茉希(にしやま まき)
168cm

・佐藤江梨子(さとう えりこ)
173cm

身長の症状大きい低いなど低身長など
身長の中には平均を大きく上回る症状や
平均より一定数より低い身長になる症状などが
あるそうです。

その場合というのは脳の影響によって
成長ホルモンが過剰に分泌されていたり、
分泌が活性されてないことが考えられるそうです。


身長が大きい人の中には下垂体部分に腫瘍ができ、
それによって刺激され分泌量が異常に増えてしまう場合も
あるそうです。

しかし身長が高い人がすべてそうだとは言えません。

腫瘍ができている場合には手術で取り除かれるそうです。



子供の時期に身長の伸びがあまりよくないと
低身長と診断される場合があります。

これは病気ではありませんが
将来身長が平均身長よりもいくらか低くなる
結果になる可能性が高いということを表しています。


身長をできるだけ伸ばしたいと思われる方は
小さい頃からホルモン注射を打つなどの治療があり
できるだけ伸ばすことを目指します。


子供の定期健診で告げられる場合もありますし、
精密検査で症状を見る場合もあります。


成長と睡眠と身長の関係
身長というのは成長期まで緩やかに伸び、
成長期でグンと伸びそこからいくらかして止まりますね。

その成長期が早ければそれまでの緩やかな身長の
伸びの期間が短くなるのでそれが多少身長にも表れるそうです。


ということで成長期を遅くしてあげることで身長は
いくらか高い結果になるとも言われています。
(個人差はあると思います)


成長期が早まるという場合は
肥満など栄養が必要以上であったり、
不安な気持ちになるなどが心の不安定が
影響してくると言われているそうです。


そして身長と睡眠ですが
身長の伸びに必要な成長ホルモンは
寝ている時に多く分泌されます。

よく寝る子は育つというのは本当のようで
よく寝て深い睡眠をとると成長ホルモンの分泌が
良くなるそうです。



私の周りに二卵性の双子の兄弟がいるのですが、
兄と弟では身長が全く違っていました。

兄は並ぶ時は一番後ろ、弟は一番前というほど
差があるんですよね。

今までは身長は環境で決まるもんだと思っていましたので、
もともとからある細胞というのもいくらか影響しているんだなと思いました。

同じ両親で同じ時期に母親のお腹の中にいて、
同じ日に同じような食事をしていておなじ環境で生きているのに
こうやって違うものなのかーと不思議でした。


けれども身長を伸ばしたい場合には治療というものはありますね。

治療法としては成長ホルモン注射やサプリメントなども
使われているそうです。

身長に関する治療は年齢が低い方が効果も表れやすいので
保護者が身長を見てあげるのも大切かと思います。



身長は遺伝で決まる?
よく身長は遺伝なのか・・・遺伝ではないのか・・・と
議論されますが基本的には遺伝を基に前後して変化が
あるようです。


兄弟の中でも身長の差の違いは見られますが、
親の遺伝子の中で身長の高いものを受け継いだり、
反対に身長の低い遺伝子を受け継いだりどの遺伝子が
取り入れられたかによっても基準というのが決まっていくようですね。

その中で環境によって最大限に伸びたのか、
それともそうではないかという部分で分かれていくのかなと
思います。

身長は予測される身長に±5ほどの差がでるようなので
10センチの変化が出るということは大きな数字でもあるかと
思います。

子供の将来身長というものを出す
計算方法があります。

男の子の場合(父親の身長+母親の身長+13÷2
女の子の場合(父親の身長+母親の身長-13÷2


何人かの身長を試しに計算してみたのですが、
だいたい合っていました。

copyright © 2017 身長についてのサイト all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。